子どもを知ると、付き合い方がわかる ☺︎ mamaing的子育て論

image.jpg

くいしんぼルールーの楽しい音楽会☆オルゴール


幼稚園に行く前の未就学児時代。


この時代は、
親にとっては 暗黒時代と言っても 間違いでは ないでしょうね




子ども自身の語彙は少なく 言葉の意味は、ほぼ理解出来てません。




子どもがしゃべっている言葉は、
多くの場合 一番関わりの多い人....mama以外には 理解不能。



子ども自身の性格について 情報不足状態です。




なので どのように接したら良いかは、
一番関わりの多い人....多くの場合、mamaの腕にかかっています‼️



mamaの勘です‼️



これが 頼りです。




まず、子ども自身を知るために、情報収集が必要です。


子どもに追従し、喜ぶ事 、緊張している事、泣いた事 など....

子どもに変化があった事 を 探ります。



特に1才未満時代は、

うれしい

イヤ‼️

の感覚くらいしか 本人も理解しておらず、
表情や動きからの情報はかなり少なめです。



よりたくさんの情報を得たいなら、
こちらから 色々な刺激を与えてみましょう。


もちろん、ほどほどにです。




難しく考えないでください。


いつも 同じリズムの生活の方が 、子どもは安心します。

だから、大幅に変えなくて良いのです。


芝生を裸足で歩かせたり、
土や砂で遊ばせたり。

ザラザラ・フワフワ・固い・柔らかい・匂い・色 等 を 体験させてあげるのも良いですね♪



くいしんぼルールーシリーズは、mamaも大好きです⭐️
こちらは、ふわふわカサカサなどの タッチが楽しめる布絵本です⭐️





いつも出かける公園をちょっと変えてみたり。
いつも散歩する道を変えてみたり。
いつも使うタオルを変えるとか。
いつもと違う切り方で野菜を切るとか。



その時に、いつもと違う事を教えてあげてください。

いつもと違う公園だね〜
土の色が違うね〜
今日は雨の匂いがするね〜
今日の人参は、ハート形にしたよ〜〜



mamaさんの出来る範囲内の変化で良いのです。



未就学児時代の子どもたちは、
目に入る すべて が初めてなのです。

子どもたちにとっては、
すべてが 新しい発見なのです。




もし、ちょっと気になる変化があったら、
それを繰り返してまた様子をみましょう。



気に入った様子なら、それを応用した関わりをしてみる....
子どもの様子から得た情報を広げて行けば良いのです。



結果をすぐに 求めずに、
のんびりと行きましょう〜〜





🌸 こんな記事も読んでいきませんか?? 🌸

ベビーとの旅行に必須アイテムのトラベルシステム って知っていますか??👶 ベビーカーシート&ベビーカーになる優秀なアイテム
我が家の息子くん受講中☆幼児向け学習教材☆ポピーを読む。
入園準備リスト*おなまえシール編


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442775126
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック