娘ちゃん・息子くんのお箸のトレーニングの進み方。〜みんなちがって みんないい〜

👧 我が家のお箸のトレーニングの進め方。



娘ちゃん 落ち着きない子ですが、まさかの3歳前には すでに 上手にお箸を使えていました。
どんな風にお箸のトレーニングをしたか、そして 気になる三点支持箸もご紹介します

入園準備にかかわるカトラリーセットについてはこちらです。
スプーン&フォーク&箸...カトラリーセットはどれが良い?? 🍴 幼稚園入園準備リスト

👧 お箸のトレーニングは、興味を持った時が始め時。

娘ちゃん。
2歳になってすぐでした。

お箸に興味深々。

でも お箸に興味あるばかりで、食事は全然興味なし。
という時期が ありました。


👧 まず、下記の様なトレーニング箸を与えてみました。


ケース付きだと、幼稚園や保育園のお弁当にも持っていけます。



上記のトレーニング箸は、パーツが全て洗えるのですが、このタイプは元に戻す時に 大人もちょっと手間取るかもしれません。
どんな向きでゴムが装着されていたか、写真で残しておくのも良いかと思います。


接続部分が ゴムではないので、切れる心配はありませんね。



娘ちゃん的には、上記と下記ともに お箸が真ん中でくっついているのが 気に入らないみたいでした。
ちなみに息子くんは、両方とも 長らく気にいってました。


👦 息子くんは、下記のトレーニング箸も 気に入って、ホルダーを取り外して、最近までずっと使っています。


ホルダーを取り外して 普通の箸としても使えます。



このタイプは、とにかく長い間使用できる事がメリットですね。
一方でデメリットとしては、四角いプラスチック箸は、角ばっているので一食分の間使うのは大変だと思います。


👧 そして、娘ちゃんにはこのタイプの補助箸を 与えてみました。




このタイプは二人とも難しい様子でした。

どこの穴にどの指を入れるかが、かなり 困難。
両手に一本づつ持って、どっちがどっちかわからず 大変な事態に。

しか根気よく続けていったところ、息子くんは なんだかんだで こちらも少しの間使っていました。


👧 シンプルな子ども箸の促し方。




娘ちゃんは、大人と一緒のお箸だと大喜び❗️

でも、はじめのうちは、一食分 全てを お箸で 食べる事は とても 大変です。
なので 最初のうちは、気がすむまで 使わせて、

上手に出来たね〜。また 次のお食事の時にも使ってみようね。

と促し、残りの食事は フォークやスプーンで。
この時、褒めれるタイミングで やめておいた方が こじれにくいです。


👧 お箸のトレーニングの注意点。



なかなかない、14cmからの小さい子ども箸の取り扱いのあるショップさんです。

大人の持ち方がを見せて 何度も修正しました。
かなりの根気が必要です。

また、良く売られている 16cmのお箸だと、
3歳位の子にはかなり大きいので、指に負担になります。
きちんと、サイズの合うお箸を見つけてあげることも 成長の助けになります。

お食事を食べる事が大変だと、お食事の時間が楽しくなくなってしまうので 無理をせず 加減しながら進めていくことも大事だと思いました。


👧 お箸のトレーニングのまとめ。





正直 お箸のトレーニングを始めてからは、一緒に食事する事は困難でした。

娘ちゃんが食べて終わってから 自分は食べるといった感じの毎日でした。
でも 集中的に関わったことで、早く出来るようになったのかもしれません。

何しろ、一度コツをつかんでいけば あっという間に出来る様になりました。

でも、その後も油断せずに 持ち方が崩れる前に フォークやスプーンに替えてあげる事も大事だと思います。

ちなみに 息子くんは、4歳になる数ヶ月前まで マイペースにトレーニング箸を使っていました。
そして ある時、
もう普通の箸にする
といって、あっけなく 普通箸に切り替える事が出来ました。

子どもによって、様々ですね。

いずれにしろ、子供がやる気が出たときに親も覚悟を決めて集中的に関わる事や、食事の時間が嫌な時間にならない様にすることが、お箸のトレーニング期間を子供も大人も辛くならないコツなのではないかと思いました。


これらの感想は、mamaingの個人的感想ですが、
少しでも参考になれば 幸いです。





こちらが、気になっている三点支持箸です。使用していないので、使用後に、追記いたします。


👧 こんな記事も書いてます。

指先を使う紐通しで脳育♪


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443225988
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック